在太空開發中引入自主神經測量系統

在太空開發中引入自主神經測量系統

宇宙空間では人類は想像を絶するストレスが加わります。
宇宙飛行士は単に健康を求められるだけでなく 自律神経の強靭さを求められます。
トップアスリートを超えた能力です。
そんな研究が昔から旧ソビエト連邦で行われていました。
軍事、宇宙開発では欠かせない研究でした。自律神経の可能性を考えると ワクワクします。イメージトレーニング、メンタルトレーニングは 自律神経強化法に比較して すでにあまり意味をなさないと評されています。

ロシア科学院医学的生物学的問題研究所(IMBP)

火星への有人宇宙飛行(MARS‐500プロジェクト)に関する地上実験を2009‐2011にかけて行う

・このプロジェクトの期間中、乗組員の健康評価と健康管理システムを含む、人間の生命維持サポートに関する様々な生物医学的テクノロジーのテストを試みる。このプロジェクトは500日間行われる。特別に選ばれた6人の被験者は、火星までの飛行条件を模した隔離された気圧チェンバーにプロジェクトの期間中入れられる。

・このプロジェクトの一部として、最大50人の被験者を対象に、彼らの日常の環境下でのテストを行う。2つ目のグループは、ヨーロッパ、アジア、北米の異なる地域から選ばれる。2つのグループは最初のグループと同じ方法で、彼らの健康とフィットネスのダイナミズムが定期的に評価される。

・MARS‐500プロジェクトの準備段階として、ロシア科学院はカナダのAutosun Health Technologyと北米のBiocom Technologies と共同で、MARS‐500‐Pと呼ばれるパイロットスタディ‐健常人グループの長期モニタリングにおける人間の生体の適応能力と疾病開発のリスクについて‐を行った。

・このプロジェクトの中で、我々はBiocom Technologies で開発されたHeart Rhythm Scanner 3から得られるデータの信憑性を調べる為、我々が心拍変動評価研究で使うVariCardシステムとの比較調査を3ヶ月かけて行った。Heart Rhythm Scanner 3は、心拍変動解析を使って健康とフィットネスの評価を行う良く知られた方法を基礎にしている。過去40年間、これらの方法はロシア科学院において広く使われ完成されたものとなった。
我々のデータとHeart Rhythm Scannerのデータを比較した結果、両者のスペクトル解析で使った方法が異なる為、R-R間隔のスペクトル解析で得られた幾つかの絶対値指標が異なっていたが、全ての補正値と相対的指標は殆ど一致していた。この結果から、Heart Rhythm Scanner 3は、近代科学の実践で使われている心拍変動解析の既存の標準を遵守しており、正確で、再現性があり、非常に信頼性があると信じる。

・我々は、これらのテスト結果の判断として、Heart Rhythm Scanner 3が非常に安定した性能を持ち、科学的、生理学的、生物医学的観点からみて十分に信頼性がおけるという事を、自信を持って表明できる。

我々は、リサーチャーや健康およびフィットネスに関わる専門家が、健康、フィットネスウェルネス評価など様々なアプリケーションにおいて、Heart Rhythm Scannerが信頼性のあるツールとして使われる事を強く推薦するものである。

Roman M. Baevsky, PhD
Professor, Head of Research Department for Biocybernetics